ドリーム・アーツ(山本孝昭社長)は、6月15日、ITホールディングスグループのネオアクシス(高橋正行社長)とパートナー契約を締結したと発表した。

 ネオアクシスは、「Lotus Notes/Domino」ユーザーに対し、ドリーム・アーツのグループウェア「INSUITE Enterprise」とエンタープライズウェブデータベース「ひびき Sm@rtDB」への移行を、ネオアクシスが開発した「Notes to Web Transporter」を活用して展開する。

 「Lotus Notes/Domino」ユーザーに対してアセスメントを実施し、アクセス履歴や設計要素などを分析したレポートを作成。その結果をもとに、移行対象データベース(DB)の選定や移行方針の決定、移行コストを算出し、データ移行の最適なパターンを提案する。ネオアクシスは、専門部隊を設けて関連技術を強化。両社は3年間で30社への導入を目指す。

 ドリーム・アーツは、ITホールディングスグループのTISとも「INSUITE Enterprise」と「ひびき Sm@rtDB」を活用した情報共有基盤ソリューションで協業している。