新たな価値の創造

高橋直也 社長
 日立製作所グループの情報・通信システム事業の一翼を担うSIerとして、2011年10月1日に始動したのが当社である。運用・保守サービスに強い旧日立電子サービスと、中堅中小企業向けの業務アプリケーションや自治体向けのシステム開発に長けた旧日立情報システムズが合併した当社は、全国10か所余りのデータセンター(DC)を運営。日立グループのなかでもDC運営ノウハウが突出して高いことも特徴の一つだ。

 全国に張り巡らせた拠点を駆使したユーザー企業へのワンストップサービスと、クラウド/SaaSに代表されるDC活用型のサービスの組み合わせで、新たな価値を創造していくことが、当社にとっての2012年の課題となる。国内はもとより、中国・ASEANを中心とした海外ビジネスもより一層拡大していく。企業規模が倍増したぶん、国内外に向けた投資余力も増えた。

 例えば、ユーザー企業の海外進出支援サービスの統合ブランドとして「GNEXT」を立ち上げるとともに、中国の地場有力SIerの広東華智科技や大連創盛科技と組んで、中国におけるBPOやDCサービスビジネスの合弁事業も立ち上げた。2012年11月に竣工予定の大連DCは、ラック換算で2000ラック相当の巨大なものになる。日立グループと歩調を合わせつつ、国内外のパートナーとの協業も推し進めていくことで、価値の高いITサービスを顧客に届けていく。