進化

山本員裕 社長CEO
 東日本大震災の発生をきっかけに、何が起こっても対応できるようにしなければいけないという思いを強くした。緊急連絡/安否確認システムの「エマージェンシーコール」やデータセンターサービスなどをユーザー企業に提供できたこともあり、震災による業績への悪影響は思ったよりも軽かった。

 2012年は進化の年にしたい。スマートフォンやクラウドサービスが普及し、提供するサービスの形態が変わっていくなかで、従来のビジネスのやり方では成長の機会を得ることは難しい。欧州の金融危機や中国のバブル問題もあり、何が起こるかわからない。成長していくためには、適応力を養い、体質を変えていく必要がある。

 市場の成長性が高いのは、ネットビジネスとヘルスケアの領域だ。ネットビジネス領域では、コンテンツ系、eコマース系、ソーシャル系の三本柱で事業を展開する。ヘルスケア領域では、モバイルデバイスを利用する製薬会社向けのMR活動支援ソリューション「MRSupport」や、健康組合/国保組合向け情報サービスなどを本格化していく。これに、企業向けクラウドサービスを加えた重点分野を強化する。

 過去3年間は、利益は増えても売り上げがあまり伸びていない。付加価値を高めて売り上げも伸ばすように、発想を転換しなければいけない。市場を先取りするサービスを展開し、存在感のある企業を目指す。