トランジション

謝敷宗敬 社長
 トランジションを見据えてユーザーとの関係を深めていく。トランジションは「移行」や「過渡期」という意味だが、ユーザーのビジネスや、われわれ情報サービス業のビジネスモデルは、今、まさに過渡期にある。かつては「不可逆的な変化」と表現していたこともあったが、これまであったものが「変化」するというよりは、まったく別のものへ「移行」するという感覚のほうがしっくりくるほどの変わりようである。

 製造業にたとえれば、生産体制を世界規模で最適化させる体制へと移っており、情報サービス業でも客先設置型のシステムからクラウドを軸としたサービス化への移行期にある。ユーザーとの関係をさらに深めていくためにも、むしろ積極的に当社自身がユーザーに先んじてトランジションしていくことが求められている。

 当社は、2012年5月に1300ラック相当の最新鋭「第5データセンター(DC)」を開業し、中国やASEANをはじめとするアジア市場での足場固めを進めてきた。第5DCの1ラックあたりの処理能力は旧世代DCのざっと5~6倍は発揮できることなどが評価され、すでにおよそ3分の2は受注見通しが立った。また、2013年早々には、当社が独自に開発したエンタープライズクラウドサービス「absonne」のシンガポールリージョンの第1号ユーザーが稼働を始める。海外でのサービス事業も、ユーザーとともに一段と拡充していく。