新日鉄ソリューションズの謝敷宗敬社長は、情報サービス市場に不可逆的な変化が起きているとみる。ユーザーは売り上げや利益を伸ばすための戦略的IT投資を拡大させるとともに、SIerにはこの目標を達成するための、高度で、場合によってはリスクの高いシステム開発を求めているというのだ。ややもすればユーザーの要望を唯々諾々と請け負ってきた側面がある情報サービス業界だが、もはや通用せず、再び過去のようなビジネス形態には戻らない──。新日鉄ソリューションズは、むしろこれをチャンスと捉え、他社では代替し得ない高度な技術力をテコにして、付加価値の高い独自のビジネスモデルの発展に力を注ぐことで事業拡大を目指す。