データベース(DB)ソフトで圧倒的なシェアを誇るオラクルだが、2009年にサン・マイクロシステムズを買収してラインアップに加えたサーバー製品群をはじめ、ハードウェアの大手メーカーでもある。マーク・ハードCEOは、「今期末にはハイエンドサーバーの最大手メーカーはオラクルになると思っている」と、ハードウェア事業も成長していることを強調するが、クラウドビジネスが拡大すれば、ハードウェアのビジネス規模は縮小するのが自然だ。クラウドに大きく舵を切ったオラクルは、ハードウェア領域でどのような戦略を採るのだろうか。(本多和幸)