富士通のパブリッククラウドのIaaS/PaaS「K5」は、モバイル、ソーシャル、IoTなど、人やモノをつなぐ比較的新しい領域のシステムであるSoE(Systems of Engagementのインフラとしてはもちろんのこと、既存の基幹システムなどを指すSoR(Systems of Record)のクラウド化にも対応できるのが特徴だという。前回に引き続き、IaaSレイヤでの強みを掘り下げる。(本多和幸)