年頭所感

【2016年 年頭所感】 JBCCホールディングス

2016/01/07 20:40

週刊BCN 2016年01月04日vol.1610掲載

山田隆司 社長
 企業のIT活用を突き詰めると、顧客の売り上げや利益の創出にいかに貢献できるかという点に尽きる。あらゆるモノ(業務)とインターネット(IT)をつなぐ「IoT」と、売り上げや利益を創出する事業部門(ライン)向けビジネスの「LoB(ライン・オブ・ビジネス)」、当社は日本IBMのトップソリューションプロバイダであることからベンダーとビジネスパートナーをむすぶ「エコシステム」の三つを掛け合わせた「IoT×LoB×エコシステム」を、2016年のキーワードとしたい。

 “業務効率化”の象徴でもある基幹業務システムは、情報システム部門が担うことが多いが、利益を生みだすのはあくまでも各々の事業部門。ここ数年、当社ではLoBに向けた提案・営業活動に力を入れてきた。

 だが、一方で、LoBで使うシステムも、情報セキュリティなどの面で情シス部門の協力は欠かせないし、基幹業務システムなしには企業経営はできないのも厳然たる事実。結果として、情シスとLoBのエコシステムをいかにつくりあげられる提案ができるかが、当社の腕のみせどころとなる。

 また、当社グループのイグアスは、日本IBMの付加価値ディストリビュータ(VAD)を担っている。BluemixやSoftLayerなどに代表されるように、IBMの事業ポートフォリオや商材構成が大きく変わっている今だからこそ、IBMビジネスパートナーとのエコシステムの一段の強化に取り組む。
  • 1

外部リンク

JBCCホールディングス=http://www.jbcchd.co.jp/

おすすめ記事