組み込みソフト開発の“主戦場”ともいえる車載ソフトの領域で異変が起きている。欧州発の車載ソフトの標準仕様「AUTOSAR(オートザー)」が日本市場でも影響力を発揮し始め、従来の手組みによる組み込みソフト開発が縮小・衰退する未来がみえ始めたからだ。本連載では、AUTOSARビジネスを巡る主要ベンダーの動きをレポートする。