米国のAUTOSAR開発大手は、メンター・グラフィックスだ。スウェーデンのボルボ系ソフトウェア会社の旧ボルケーノを2005年にグループに迎え入れたことがきっかけとなり、AUTOSARの開発に参入。AUTOSAR関連の主要な開発拠点をドイツに設置し、AUTOSARの開発コンソーシアムの中心的メンバーの1社として活動している。国内ではアイシン精機などにAUTOSARの設計ツールを標準プラットフォームとして納入していることで有名だ。前号でレポートしたインドのKPIT、本場ドイツのベクターと並んでAUTOSAR開発の御三家といわれている。(取材・文/安藤章司)