これまでMVNO(仮想移動体通信事業者)として事業を展開してきた日本通信だが、最近はモバイル通信サービス事業に進出する他社を支援する「イネーブラー」としての動きを活発化させている。そして今後の方向性として、独自のSIMカードを発行し、高度なセキュリティやグローバルサービスの実現というビジョンを描いている。(日高 彰)