標準化の波が車載システムを襲う 黒船 AUTOSAR

<標準化の波が車載システムを襲う 黒船 AUTOSAR>第9回 技術者の規模で勝負 キヤノンソフト、人材育成に注力

2016/07/21 16:04

週刊BCN 2016年07月18日vol.1637掲載

 組み込みソフト開発技術者を1000人近く抱えるキヤノンソフトウェア(キヤノンソフト、神森晶久社長)は、APTJ陣営に合流している。この7月からはAPTJでAUTOSAR開発に従事する技術者をさらに増やし、「APTJでの活動を通じて車載ソフトウェア開発領域で存在感を一段と高めていきたい」(池田幸一・第一エンジニアリング事業部事業部長)と意欲を示す。APTJは名古屋大学の高田広章教授が中心となって設立し、組み込みソフト開発大手の富士ソフトなどが参画している。他にもNEC通信システムとイーソルがデンソー系のAUTOSAR開発会社のオーバスに、豆蔵やSRAなどがSCSK陣営にそれぞれ加わるなど、国内勢は三者がしのぎを削る状態だ。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1

外部リンク

キヤノンソフトウェア=http://www.canon-soft.co.jp/

おすすめ記事