標準化の波が車載システムを襲う 黒船 AUTOSAR

<標準化の波が車載システムを襲う 黒船 AUTOSAR>第12回 移植とモデルベースを2本柱に 富士通BSC、マルチベンダー対応が強み

2016/08/18 16:04

週刊BCN 2016年08月08日vol.1640掲載

 富士通ビー・エス・シー(富士通BSC)は、ユーザーの既存のソフトウェアの「AUTOSARへの移植」と「モデルベース開発」の2本の柱で、自動車向け組み込みソフト開発に弾みをつけている。ベーシックソフト(OS)であるAUTOSARを開発する国内ベンダー3陣営が立ち上がる前からAUTOSARビジネスに参入。こうした経緯から、現時点では国内のどこの陣営にも属していない。むしろ、「マルチベンダー方式で、どのベンダーが開発したAUTOSARでも対応が可能である」(富士通BSCの一木直滋・第二システム事業部プロジェクト部長)ことを強みにしていく。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1

おすすめ記事