東芝は、オープンイノベーションの場をOSSコミュニティに求めた。独自に開発したIoT/ビッグデータ用のデータベース(DB)の「GridDB」のソースコードを公開し、自由に使ってもらう代わりに、全世界あから知見をフィードバックしてもらう方式だ。すでに国内外のIoT絡みの実証実験で活用してもらえるようになったが、今後は、どのように収益モデルを確立させるかが課題となる。(安藤章司)