IoTを社会インフラに適用する一環として日立システムズが選んだテーマは「マンホール」である。マンホールは自治体や公益企業などが運営する上下水道やガス、電気を通す土管、配管の蓋で、ここにセンサを取り付けることで、維持管理を省力化、効率化できるとの仮説にもとづいたものだ。(安藤章司)