2016年10月からスタートした富士ゼロックスの「Smart Work Gateway」構想。同社の複合機やドキュメントソリューションとコンカー、Sansan、Box、dropbox、evernoteなどのサービス、ソリューションを組み合わせて働き方改革を支援する。この5月に複合機のスキャン機能と連携した経理精算ソリューションを追加した。