サーバーやストレージの仮想化が進んでいる。次に仮想化の波が訪れるのはネットワークだ。SDN(Software Defined Networking)の導入に注目が集まるなか、NECはSDNの販売実績を着実に伸ばしている。(山下彰子)

 なぜ今、ネットワークの仮想化、SDNが注目されているのだろうか。それはネットワークに求める条件が変わってきているからだ。従来は、ネットワークが落ちると、事業に支障きたす、医療の現場などでは人の命に関わるなど、重大な問題になった。そのため、障害が起きない信頼性、堅牢性が最も重要視されていた。

 ところが今は、外出先から社内ネットワークに接続したい、頻繁に組織変更をしたい、事業の拡大に合わせてネットワークも拡張したいなど、ネットワークを柔軟に変更したいという要求が高まっている。そのため、信頼性、堅牢性を保ちながらも俊敏性、柔軟性を備えたネットワークが求められるようになってきた。
 

高石勝雄
スマートネットワーク事業部
パートナービジネス開発グループ
シニアエキスパート

 それでは、従来型のネットワークはどうだろうか。ネットワーク機器にデータの転送を指示する制御機能とデータを転送する機能、いわば「頭脳」と「働き手」を1台に搭載している。機器1台1台に設定をしないとネットワーク全体が動かず、端末の追加、拡張ごとに全体の設定を見直す必要がある。高石勝雄・スマートネットワーク事業部パートナービジネス開発グループシニアエキスパートは、「つまり、安定しているが、固定的で、拡張、変更に手間がかかる」という。

 一方、SDNは制御の機能をネットワーク機器から切り離し、コントローラーに搭載。このコントローラー1台でネットワーク全体を管理、制御する。コントローラーの設定変更だけで、拡張、変更が可能だ。高石シニアエキスパートは「大きく、複雑なネットワークであってもコントローラーだけの設定で拡張・変更が行える」と説明する。

 SDNの特徴に加え、NECの経路制御の自動化機能を組み合わせると、よりシンプルな運用が実現する。高石シニアエキスパートは、「SDNではすべてを一つのネットワークとして捉えているので、どの機器とどの機器がつながっているか意識する必要がない。機器と機器を接続する際は、コントローラーが最適な経路を自動的に導き出してくれるので、管理者は意識せずに管理ができる」と説明する。トラブル発生時にも強く「回線が込んでいたり、ウイルス感染などによってネットワークから切り離された機器があっても、コントローラーが迂回路を導き出すのでネットワークが落ちない」と安定した運用が可能なことを強調した。