人事

エプソンダイレクト
代表取締役社長に現取締役の河合保治氏が4月1日付で就任。現社長の栗林治夫氏は退任し、同日付でエプソン販売のビジネス営業本部長に就任予定。
2月19日

協立情報通信
代表取締役会長兼社長に現会長の佐々木茂則氏が5月27日付で就任。現社長の久野武男氏は一身上の都合で退任。
2月19日

データ・アプリケーション
代表取締役社長執行役員に安原武志氏が4月1日付で就任。現取締役執行役員営業本部長。現社長の武田好修氏は代表権のない取締役に着任。 
2月17日

提携

NTT東日本、東京都、東京大学
ローカル5Gの環境整備・利活用に関して連携協定。産業の活性化やイノベーションの創出を推進。
2月21日

Blue Prism
AI-OCRサービスを提供するAI insideと技術提携パートナー契約。AI-OCRとRPAをシームレスに連携させるためのソリューションを提供。
2月21日

SAPジャパンとフットボールクラブ水戸ホーリーホック
観客の観戦体験満足度向上を目指し、実証実験を開始。データの予測分析ツールを活用し、顧客属性や来場時間などのデータを収集。
2月21日

電通国際情報サービスとアラヤ
深層強化学習による建機の自動化開発支援サービスで業務提携。高速シミュレーターに熟練操縦者の動きを学習するAIを実装。
2月20日

SCSK
アトラシアン製品の導入支援を手掛けるリックソフトとパートナーシップ契約。企業のDevOpsを支援。
2月20日

さくらインターネット
オープンソースを活用したシステム構築を手掛けるシンキングリードと提携。高機能オープンソース統合型CRMアプリケーションを自社クラウドで提供。
2月19日

TIS
関西電力と分散型エネルギーリソース制御に向けて実店舗での共同実証実験を開始。包括的なエネルギーマネジメントサービス提供のプラットフォームを推進。
2月19日

インターネットイニシアティブとソニービズネットワークス
クラウドビジネス拡大に向けて業務提携。AWSおよびAzureサービスの拡販で協業し、マルチクラウド市場での競争力を強化。
2月19日

アイティフォーとニーズウェル
両社の長期的な提携関係の構築・推進を目指して資本業務提携。両社のエンジニアを派遣し積極的に活用するほか、新規顧客の紹介を行うことで事業拡大を促進。
2月19日

KDDI、ウェブマネー、ディーカレットなど
ブロックチェーン上に発行したデジタル通貨の処理を自動化する共同検証を実施。将来の実用化に向けた課題の洗い出しに着手。
2月18日

日本ユニシスと新潟交通
新潟市の住民向けMaaSアプリと市街地オンデマンドバスの実証実験を実施。地域内の移動総量の増加や公共交通利用への行動変容促進に対する効果を検証。
2月18日

オリックス・レンテック
物流ロボットSIerのオフィスエフエイ・コムと、物流施設の自動化支援で業務提携。物流倉庫内のシステム構築からロボット導入までワンストップで提供。
2月18日

株式上場

バリオセキュア
東京証券取引所市場第二部への新規上場が承認。3月30日に上場予定。
2月21日

ウイングアーク1st
東京証券取引所への新規上場が承認。市場は未定。3月26日に上場予定。
2月20日

サイバーセキュリティクラウド
東京証券取引所マザーズ市場への上場が承認。3月26日に上場予定。 
2月20日

買収

富士ゼロックス
豪オフィスITサービス企業CSG社の買収と子会社化を完了。オーストラリアとニュージーランドにおける中小企業向けITソリューションや出力機器販売の拡大を推進。
2月20日

マクニカ
セキュリティサービスを提供するS&Jの株式約58%を取得し関係会社化。セキュリティ経営アドバイザリーサービスを核にセキュリティサービス事業を強化。
2月20日

事例フラッシュ

NEC
リオン・ドール コーポレーションが、福島県を中心に展開するスーパーマーケットに需要予測型自動発注システムを採用。発注業務の効率化やロスを削減。
2月21日

クオリティア
山形大学がウェブメールサービスを導入。添付ファイルを画像化するオプション機能も追加しセキュリティを強化。
2月20日

キヤノンITソリューションズ
みずほ情報総研が、トレーダー向けシステム再構築に超高速開発/ローコード開発ツールを採用。従来の2倍の生産性で厳しく緻密な要求に対応。
2月20日

ブラックライン
セゾン情報システムズがクラウド型経理業務自動化システムを導入。経理財務部門の決算業務時間を30%削減。
2月19日

ナレッジスイート
観光・宿泊事業を営むワールド・ヘリテイジがクラウドSFAを導入。法人向け営業活動の効率化と可視化を目的に導入を決定。
2月19日

オートメーション・エニウェア・ジャパン
佐世保市がRPAソフトウェアを導入。令和5年までに35ロボットを担当部署内で開発し、5600時間の削減を計画。
2月18日

富士通
ローソンが、富士通川崎事業所内のレジなし実験店舗でマルチ生体認証技術を導入。手のひら静脈と顔情報のみで本人を特定し、非接触で認証できる技術で、手ぶらでの買い物を実現し、利便性向上が図ることができるかを検証。
2月18日