複数のAIや機械学習、各種自動化ツールなどを組み合わせ、業務を自動化する手法。自動化と言えばRPAが代表的なソリューションであるが、さらに複数の最先端技術を加えることで、RPA単体では難しかった広範囲の自動化を実現する。

 一般的にRPAは定型かつ反復する単純作業の自動化に向いていると言われている。これに対し、ハイパーオートメーションはRPAやAI、自然言語処理、OCR、プロセスマイニング、ビッグデータ分析などの技術を連携させ、分岐や判断を伴う複雑な業務の自動化を実現する。さらに、ユーザーの操作履歴などからビジネスプロセスを自動的に検出し、それらを自動化するBotを作成して、自動化する行為そのものの自動化も可能になるという。