▼雪で真っ白な6000メートル級のヒマラヤを目前にした時、「世の中にはこんな大きなものが存在するんだ」と、驚いた。人は大きなものにパワーを感じる習性がある。今年は2つの地域が要注目である。1つは秋葉原だ。本郷にある編集部から見える工事中のビルは工事が着々と進んでいる。「つくばからあきばへ45分」。再開発を進めている鹿島流に言うと、「秋葉原クロスフィールド」となる。人の交流、情報の交流、産業の交流の場となる。昼間の人口は新たに5万人増える。昼食が5万食増える。飲食店の数がショップの数を上回るかも…。

▼インドも注目だ。すでに欧米の企業はインドをソフトの開発国として認めている。しかし日本企業は中国にオフショア開発を発注している。ところが中国の反日教育が激しくなっているため、将来にわたって安定したソフト開発を発注できるのか、という不安材料が出始めている。まずはインドのバンガロールに近いマイソールに行って、王様気分に浸りながらインドのスケールに浸ってみよう。(本郷発・笠間直)