【Q】アプローチショットで高く上がるソフトなボールが打てません。バンカー越えになると必ずバンカーに入れてしまいます。上がるボールの打ち方を教えて下さい。

 私は生徒さんにいつも「アプローチがゴルフのなかで一番簡単なショット」と話しています。しかし、みなさん、高くソフトに上がるボールを打つのに、とてもてこずっているようで、「一番簡単」と言われてびっくりする方が多いようです。下記の点に注意して、一番簡単なショットをマスターしてください。


【1】リラックスしたアドレス

 アプローチは遠くに飛ばすよりも、まずは高く上げることが先決です。ですから、ガチガチに力が入ったアドレスは禁物。腕は緩めて曲げ、クラブの握り方も緩めに、手首が左右上下にスムーズに動くように構えましょう(図1)。

 また、小さいスイングになりますから、足のスタンスの幅も狭くして、ボールに近づきます。グリップも短く握ると、コントロールがしやすくなります。



【2】ボールの位置

 高くソフトなボールを打つためには、ボールの位置が重要なポイントです。高く上げる場合は左足寄りにボールを置きましょう。右足寄りに置くとクラブのロフト(角度)がクローズしてしまうので、ボールが高く上がりにくくなります。



【3】ボールを上げようとするイメージを一掃

 サンドウェッジ、アプローチウェッジやピッチングウェッジはクラブのなかでも一番ロフト(クラブの角度)が開いているクラブです。ですから、そのままのロフトで打てばボールが高く上がるはずですから、下手にボールを高く上げようとか、フェースを開くことはしないで下さい。特に女性の場合は、フェースを開くと距離が出なくなりますので気をつけましょう。フィニッシュでは、ボールを掬い上げるよりもフェースの上にまだボールが乗っかっているイメージです。



【4】体重移動と体の回転を気にして、振りぬくこと

 いくら小さいスイングだからと言って、手や腕だけでボールを上げようとすると、必ずミスショットにつながります。必ず、右脇、右肘の右サイド全体を回して、右手の形を崩さずに振りぬきましょう(図2)。



 それでは、GOOD GOLFING!