ITガジェットブーム再び、なのかもしれない。ニューヨーカーの間でiPhoneの発売を機に、再び携帯端末の話題をよく聞くようになってきた。

 もちろんこれまでにもブラックベリーや高機能携帯電話、各種のPDA類は販売されていた。しかし、いまiPhoneの発売で購買意欲に火がついた人が多いのか、公園でもカフェでも手持ちの機器をもてあそびながら、次に何を買うべきか、何が欲しいのか語り合うビジネスパーソンを見かける。UMPC(ウルトラモバイルPC)といった言葉もよく聞かれるようになってきた。

 かつてPalm社が次々にPDAの新機種を送りだしていた頃にも、似たような状況があった。当時、プールサイドで小さなキーをたたくビジネスマンを見たときには、そのうち防水のPDAが発売されると確信していた。いま考えれば、彼らの大半は実際にビジネスに役立てていたというよりも、やはりただ気のきいたビジネス上の演出用小道具に過ぎなかったと思う。

 市場に火をつけたのはiPhoneかもしれないが、広範囲に飛び火しそうで、新規参入企業も名を連ねることだろう。競争は始まったようである。(ニューヨーク発)