shop.jpg

炙った干物、締めはにゅうめんで

 赤坂サカスの華やかなイメージがある赤坂駅近くの路地裏にひっそりと佇むのが、「炙り割烹 さかな竹若 赤坂店」。Webシステム構築基盤「intraーmart」の開発・販売などを手がけるNTTデータイントラマートの中山義人社長は、「この店を知ったきっかけはたまたまですが、ほぼ毎週通っている」ほどぞっこんだ。

 「旬の魚がうまい。刺身はもちろんだけど、何といっても干物がうまいんですよ。お奨めは『ノドグロ』とか『金目鯛』。締めには、干物でだしをとった炊き込みご飯かにゅうめんを選べますが、ここは迷わずにゅうめん。そりゃもう、絶品です」

 毎朝、築地から新鮮な魚を仕入れており、旨味が溢れるように半生の状態に炙った干物を食すのが“さかな竹若”流。

 1階はカウンターメインで、料理長との会話を楽しみながら食事ができる。そのほか2階は少人数向けの個室、3階は大人数向けの部屋と、設備も充実している。

 仕事で利用することが多いそうだが、「入り口に近いカウンター席で店の人と会話しながらの食事も楽しいし、2階の個室もゆっくりできます」。さまざまなシーンに利用できるのも魅力の一つとなっている。


東京都港区赤坂3−13−12
03−3560−6322