「今日も暑いですね」。最近、取材に行って最初に口にするのは、たいていこの言葉です。当然、狙いはアイスブレイクで、相手と共有できる話題を提示することで、その後の会話をスムーズにしたいと考えて発言しています。

 ただ、もはや「暑いですね」は、夏のアイスブレイクの鉄板ネタ。全然おもしろくありません。相手から「そうですね、暑いですよね」と返されれば、会話は途切れてしまいます。とくに、初対面でお互いに緊張しているときには、こうしたやり取りはぎこちなくなりがちです。

 こんなときに、別のネタを用意しておけば、アイスブレイクは早く進みます。最近は、こうした話題を提供してくれる優秀なスマートフォンアプリがいくつも出ています。

 記事では、江戸時代や明治時代の地図と現在の地図とを重ね合わせることで、今いる場所に当時何があったかがわかる「今昔散歩」を紹介しています。「この土地は昔、酒屋だったようですね」と話題を振れば、話が盛り上がってお互いが打ち解け、その後の会話が円滑に進むこと間違いなしです。(真鍋武)

【記事はこちら】
<Favorite Appli>今昔散歩
メールマガジン「Daily BCN Bizline 2013.8.23」より