特製そばの食べ応えに大満足

 会津若松市役所から300mほど歩いた路地裏に店を構える手打ちそばの店「栄安(えいあん)」は、昼どきになると地元の人で賑わう。

 スマートシティの先進自治体である会津若松市で、行政の司令塔ともいうべき役割を担う企画政策部の高橋智之・企画副参事も、この店の常連。「店の雰囲気にも味にも、何ともいえない愛着を感じている」という。手打ちの二八そばが売りで、名物料理は、このそばの上に茹でたキャベツ、昆布、油揚げ、天かすを乗せた「特製そば」(左写真下)。これで普通盛りは600円とリーズナブルだ。そばは太めのいわゆる「田舎そば」で、のどごしではなく歯ごたえを味わう。具材のボリューム感と相まって、インパクトは抜群。まさに、癖になる一品といえそうだ。

 うどんもあり、こちらも太麺。冬は温かい「煮込みうどん」が人気メニューだ。(霞)


会津若松市栄町4-16
0242-22-1751
特製そば/うどん600円