奄美の素材が楽しいジェラート

 奄美大島の特産物といえば、サトウキビとマンゴー。その二つをジェラートでいただけちゃうという贅沢を満喫できるのが、ラフォンテだ。

 案内してくれたのは、奄美大島と首都圏の二か所に住居を置く、サイバー大学の勝眞一郎教授。女性の観光客に人気のスポットとのことで、夏休みシーズンを外した10月の平日にもかかわらず、店内は女性客でにぎわっていた。

 ラフォンテは、地元のいずみ農園直営のジェラート店で、大手ゼネコン出身のご主人が農園を手がけ、元キャビンアテンダントの奥様が店を切り盛りしている。

 ジェラートは毎日、お店のキッチンで手づくりしていて、黒糖味やマンゴー味以外にも、すもも味やいちご味など、10種類を用意。店主である奥様は研究熱心で、年に1回は海外へ行き、ジェラートのトレンドを確かめているという。奄美大島から甘味大島へ。甘い誘惑で観光客を引き寄せる。(亭)
 

 
鹿児島県大島郡龍郷町赤尾木1325-3
0997-62-3935
 400円(ダブル)~