Book.jpg

集中できる場所と時間をつくる

 現代人の集中力が続く時間は金魚の9秒を下回る8秒だった――そんな衝撃的な研究結果が出たという。

 筆者は「メガネのJINS」で親しまれているジンズ社の社員だ。瞬きや体の傾きからどのくらい集中しているか計測できるメガネ型デバイス「JINS MEME(ジンズミーム)」を使って、働き方改革の支援を行っている。

 本書では働き方改革の成功、つまりパフォーマンスを高めるために集中力が重要な要素であると解説する。さらに、「環境」「取り組み方」「体調」という集中状態を高める三つの土台を整えるための「今日からできる集中メソッド」を紹介。すぐに実行できそうな25のメソッドをわかりやすくまとめた。

 今、働き方の一環として、多くの企業がフリーアドレスを導入している。ところが、こうしたコミュニケーションを取りやすい環境は、逆に集中しにくい環境であると書かれている。働き方改革に取り組んでいるものの、成果が出にくい、と感じている人にぜひ読んでもらいたい1冊だ。(海)
 
201801102046_1.jpg
 
『集中力パフォーマンスを300倍にする働き方』
井上一鷹 著
日本能率協会マネジメントセンター 刊 (1500円+税)
日本経済新聞出版社 刊 (1500円+税)