先日、年に一度の健康診断に行ってきました。うれしかったのは、左眼の視力が回復していたこと。10年ほど前から悪くなり始めて、実際に2、3年前の視力は「0.7」でした。それが今回、「1.2」に。視力検査の内容はおなじみの「C」の空いている方向を当てるものですが、今回はどんなスキマも見逃さない思いで臨みました。その結果ですので、今はレーシック手術というものもありますが、「本気出せば視力回復する説」、(少なくとも視力検査では)あるのではないかと思います!

 昨年に中堅・中小向けビジネスへの注力方針を宣言したSAPジャパン。それから1年が経過し、前年と比べて案件数、売上高がともに倍増したとのことです。週刊BCNの取材でもかねてより、幾度となくSMBビジネスに対する本気度を示してきましたが、その成果に大きな手応えを掴んでいます。(前田幸慧)