歴史ある田村町木村屋の「洋食部門」

 鈴与シンワートの長谷川信光・ビジネス・プロセス・サービス事業部長のおすすめの店は、洋食・洋菓子の田村町木村屋。「パスタとシチュー」「エビフライとハンバーグ」などのミックスランチが楽しめる。洋菓子は86年の歴史があり、女性にも人気。実際に口にしてみると「納得のおいしさ」と話す。

 田村町木村屋は、都営三田線・内幸町駅近くにある本店と、鈴与シンワートの本社オフィスから歩いてすぐのところに三田店がある。本店は1900年にパン製造・小売りで創業。33年には本店2階で洋食部門を立ち上げ、75年に開店した三田店の洋食・洋菓子のメニューにつながっている。

 長谷川事業部長が田村町木村屋を知ったのは、「社内に“食べ歩き”の愛好家がいて、その噂が耳に入った」ことがきっかけ。以来、お昼のミックスランチ目当てで足を運んでいるとのことだ。(寶)
 


東京都港区芝5-18-2 港勤労福祉会館内
03-3454-1213
昼1000円程度