tool.jpg

熱中症対策の新提案


 仕事を終えて、帰宅してから掃除をするのは、正直に言って少々面倒だ。できればキレイな家でくつろぎたいが、疲れた身体を酷使するのは避けたい。掃除をしてくれる人がいなければ、頼りになるのはロボット掃除機だ。

 7月に発売された床拭きロボット「ブラーバ」シリーズの新モデル「ブラーバ ジェットm6」は、フローリングやタイルなどの床を水拭き(ウェットモード)と、から拭き(ドライモード)で自動清掃する。自動充電モードや部屋の環境を学習する機能を備え、効率的に拭き掃除を行う。最新のロボット掃除機「ルンバi7」と連携させることで、掃除の後に床拭きをすることも可能だ。

 ルンバやブラーバがしっかりと掃除をするためには、床に物を置きっぱなしにはできない。掃除コースを確保するだけでも、整理整頓につながるはずだ。キレイな部屋に帰ることができれば、明日の仕事への活力にもつながるだろう。(幌)


メーカー名 アイロボットジャパン
ジャンル  床拭きロボット
発売日   2019年7月23日
価格    税込6万9880円