都内で楽しめる本格ベルギー料理


 日商エレクトロニクス・寺西清一社長のキャリアは、大学卒業後に上京して就職した日商岩井から始まった。新人商社マン時代から行きつけにしているのが、当時本社のあった赤坂で営まれていた小さな洋食店の「スタンド三河家」。料理のおいしさとオーナーシェフ・堀込一三さんの人柄の良さに心打たれ、以来ずっと足を運んでいる。

 ベルギーで修業を積んだ堀込さんは、1987年に店をベルギー料理専門の「シェ・ミカワ」として再オープン。現在は息子さんとともに厨房で腕を振るう。名物はムール貝で、ポピュラーな「白ワイン蒸し」(写真)のほか、「エスカルゴ風」「トマトソースとチーズ」など複数のメニューを用意。また、ベルギーの代表的な郷土料理「カルボナード」(牛ほほ肉のビール煮)も外せない。そしてベルギーと言えば個性豊かなビール。常時20種類以上を揃え、それぞれの銘柄に合った料理とのマリアージュを楽しめる。(螺)


赤坂駅・徒歩2分『シェ・ミカワ』
東京都港区赤坂3-13-4 赤坂三河家ビル2F
03-3583-5212 6000円~