圧巻の大盛り


 キヤノンマーケティングジャパンのモバイルソリューション推進課の嶋崎辰隆・課長が紹介してくれたのは、旧東海道品川宿の趣を残す東京・北品川にある「中国料理 登龍」だ。

 早速、嶋崎課長おすすめのチャーハン(580円)を注文し、「ご飯が2倍になり、テレビアニメ『まんが日本昔ばなし』のような量になる」(嶋崎課長)という大盛りにしてみた。数分待っていると、ヘルメットのような盛り方のチャーハンが登場した。あまりの量にややひるんでしまったが、昔ながらの素朴な味わいにレンゲが進み、無事に完食することができた。

 ご飯類は、ほかに「中華丼」(630円)や「回鍋飯」(730円)などがある。ラーメンなどの麺類や、野菜炒めなどの炒め物類も、400円台から700円台の良心的な価格で提供している。「安くがっつり食べたい」という人が満足すること請け合いだ。(鰹)


新馬場駅徒歩6分 中国料理『登龍』
東京都品川区北品川2-4-16
昼11:30~14:30、夜17:00~23:00(土曜は17:00~21:30) 1000円