警察と検察の対立をリアルに描く

 事件が起こると、警察と検察は解決に向けて一緒に動く。しかし、組織としては全く別。考え方の違いから、時として対立することがある。これが本書の大きなテーマだ。

 本書は、中年男性の刺殺事件が舞台となる。著者は、これまでに数々の警察小説を発表してきた。経歴のなかに警察での勤務経験は見当たらないが、事件を指揮する捜査本部内の様子を克明に描いており、まるでその場にいるような臨場感が味わえる。

 中心人物の樋口顕が所属する強行犯係は、殺人や強盗などの凶悪事件を手掛ける。一方、本書で登場する東京地検特捜部は、一般的に政治家の汚職事件などを捜査する。本来、両者の担当領域は違うが、読み進めていくうちに点と点がつながり、本書の帯にある「特捜検事の暴走」の危険さも明らかになる。

 組織同士の駆け引きなど、全体としてスリリングな展開が楽しめる。ただ、検察側の内容にはそれほど多くのページは割かれておらず、この点には若干の物足りなさを感じた。(鰹)
 



『焦眉 警視庁強行犯係・樋口顕』
今野敏 著
幻冬舎 刊(1600円+税)