テレワークの導入時における懸念点の一つに挙げられるセキュリティ。オフィスの外で直接インターネットにつないで仕事をするとき、ファイアウォールなどで守られている社内と比べて脅威にさらされるリスクは高くなります。こうした背景から、テレワークの導入が広がる昨今、セキュリティ商材を擁する企業各社は安心・安全なテレワークを支援する製品・サービスの提案に力を入れています。

 そうした1社であるアズジェントがいま力を入れているのは、チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ製のエンドポイントセキュリティ製品「Check Point SandBlast Agent」。マルウェア感染の防止から感染後の対策までをトータルでカバーする製品です。エンドポイントでの多層防御の実現を、テレワーク時のセキュリティで訴求しています。(前田幸慧)

【記事はこちら】
アズジェント チェック・ポイント製品によるエンドポイントでの多層防御を提案 テレワーク時のセキュリティ対策に