アズジェント(杉本隆洋社長)は、チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ製のエンドポイントセキュリティ製品「Check Point SandBlast Agent」の販売に力を入れている。テレワークの導入が広がる中で、社外でも安全に仕事ができるよう、エンドポイントでの多層防御を訴求していく考えだ。

 SandBlast Agentは、シグネチャや振る舞い検知によるマルウェア対策、サンドボックスでの挙動検査、ファイルの無害化などによるマルウェア感染の防止から、マルウェア感染経路や影響範囲の調査、外部不正サーバーとの通信遮断といった感染後の対策までを統合的にカバーし、多層防御を実現する。アズジェントの渡辺寛・シニアセールスエンジニアは、これらの機能を「オールインワンで提供しているのが特徴」だと説明する。

 端末にエージェントソフトを導入することで、オンプレミス/クラウドの管理サーバーからログやポリシーを確認することができる。また、チェック・ポイントの脅威インテリジェンス「ThreatCloud」とも連携し、常に最新の脅威に対応可能だという。

 そのほか、特徴的な機能として、ランサムウェアよって暗号化されたファイルの復元や、URLレピュテーションや振る舞い検知に基づきフィッシングサイトを検出する機能を搭載している。

 新型コロナウイルス禍における働き方としてテレワークが拡大しているが、渡辺シニアセールスエンジニアは、ゲートウェイセキュリティなどが設けられている社内と比べ、社外では「本来ゲートウェイで守られる攻撃がすり抜けてしまう」と指摘。テレワーク環境では、フィッシング対策や暗号化、端末管理などのセキュリティ対策が必要になると指摘する。

 こうした背景から、アズジェントではエンドポイントでの多層防御が可能なSandBlast Agentを注力商材の一つと位置付け、提案を強化。特に中堅・中小企業向けに製品を展開していく。(前田幸慧)