20年ぶりのトースター


 家にいる時間が増えたことで、調理家電が好調に推移している。中でもトースターの2020年度上期の国内出荷金額は65億円(前年同期比21.7%増)と大幅な伸びをみせた(日本電機工業会調べ)。この需要を逃すまいとパナソニックは11月下旬、20年ぶりのフルモデルチェンジとなるオーブントースターの新製品「Bistro NT-D700」を発表した。

 ブラックの本体の極太枠が額縁効果を生み、中のヒーターの温かい色とおいしそうな食パンの焼き上がりをくっきりと浮かび上がらせるデザインが特徴的だ。

 技術面でも7200通りの加熱制御ができる「インテリジェント制御」というプログラムで、冷凍した厚切りパンも中はふっくら、表面は焦がさずにパリっと焼き上げることができる。

 昔のような数千円の単機能トースターとは違う、食感にこだわったモデルが各社から出ていることも、好調な市場を支える大きな要因といえる。(至)


メーカー名 パナソニック
ジャンル  トースター
発売日   2021年2月1日
価格    実勢価格2万5000円前後