潮騒とともに過ごすひととき


 太平洋を臨む日立市。浜辺には海釣りにサーフィンに人々は思い思いの穏やかな時間を過ごす。そんな海岸線からほど近く、懐石料理屋「三春」はある。昔ながらの日本家屋から眺める海岸線には息を呑む。障子から漏れる波音とともに料理を味わうことができ、都会では叶わない体験を提供してくれる。

 クリエイティブジャパンの草野和文・事業戦略本部本部長も三春ならではの価値に魅せられた一人だが、同級生が女将を務めているという縁もある。「料理の味も一級品で、茶碗蒸しは卵の甘みを感じられ、クリームコロッケはサクサクの衣がうれしい」という。店のおすすめメニューである常陸名物のちまきも、お米好きにはたまらない逸品と評判だ。

 ちなみに、三春の2階では、また違った趣のカフェも開いている。コーヒー、紅茶のほかに、女将が自作したスイーツやお菓子を提供している。食後の一服に立ち寄るのもいいかもしれない。(万)


日立駅・徒歩5分 『三春』
茨城県日立市旭町2-8-14
0294-22-1567 昼 2000円~、夜 5000円~