デジタルトランスフォーメーションの領域にIT人材を振り向けるためには、サーバーの死活監視といった付加価値を生みにくい運用業務を、できるだけ効率化したいもの。最近では、複数のサーバーなどをクラウドから一元管理できるソリューションも登場しており、監視業務の自動化に寄与しています。

 しかし、クラウド側への公開を前提としていない既存のオンプレミス資産をどうするかという課題は依然として残ったまま。特に中小企業では、ITインフラをクラウド対応型に刷新する投資余力がない一方、運用業務は少数のIT担当者に属人化しているといった状態がしばしば見られます。

 昨年末にNECが発表したIT機器の運用支援サービスは、モバイル通信の閉域網を使うことで、オンプレミスのサーバーやネットワーク機器に対しても遠隔で運用サービスを提供するというもの。社内に閉ざされていて「自前運用」するしかなかった既存資産も、置いてきぼりにすることなく支援するという考え方が印象的です。(日高 彰)

【記事はこちら】
NEC オンプレミス機器を遠隔で運用支援 閉域網を利用・マルチベンダーに対応