人気の小型スキャナがニューノーマル対応

 ビジネスパーソンに愛用者が多い、PFUのパーソナルドキュメントスキャナ「ScanSnap」シリーズ。省スペースで簡単に書類や名刺を電子化できる手軽さが魅力で、コロナ禍においてさらに需要が増している。
 

 これまで大量の資料をすばやくスキャンできる据え置き型と持ち歩きにも便利なスティックタイプをラインアップしてきたが、10月8日にはニューノーマル対応をうたう新モデル「ScanSnap iX1300」が登場した。

 新モデルは従来の据え置き型よりコンパクトで、最大20枚の同時スキャンが可能。オフィスより手狭な自宅のワークスペースでも快適に使えることが特徴だ。「Uターンスキャン」と「リターンスキャン」という二つのスキャン方法を採用し、ドキュメントの種類に合わせたすばやい電子化を実現している。

 ビジネスだけでなく、はがきや写真の管理などプライベートでも使いやすい。オフィスで使用していたという人が自宅用に買い足すのにもぴったりだ。(雀)


メーカー名 PFU
ジャンル  ドキュメントスキャナ
発売日   2021年10月8日
価格    3万5200円