栄光の舞台裏を描く

 日本のプロ野球で史上唯一、3回の三冠王を獲得した落合博満氏は、現役時代は超一流の選手として名をはせた。2004年に中日ドラゴンズの監督となった後も、立場を変えて結果を出し続けた。
 

 メディアの前で目立つ振る舞いをする選手や監督がいる一方、落合氏は、人前で多くを語らなかった印象がある。しかし、これだけの名選手で、名監督だった落合氏は、いい意味でも、悪い意味でも常に注目されていた。

 本書は、著者が週刊文春での連載を加筆し、単行本化した。今まで知られていなかった落合氏と各選手のやりとりなど、栄光の舞台裏を描いており、ファンにとってはたまらない内容と言える。

 落合氏の采配は当時、「オレ流」と表現されていた。選手の起用だけでなく、球団内部の情報管理も徹底していたという。厳しいプロ野球の世界で勝利を目指すためには、それだけ強い覚悟が必要だったのだろう。

 本書のタイトルの通り、落合氏は「嫌われた監督」だったのかもしれない。ただ、周囲に何を言われても、動じることなく目標に向かって突き進む落合氏の姿勢は、野球に興味がない人にとっても参考になるはずだ。(鰹)


『嫌われた監督 落合博満は中日をどう変えたのか』
鈴木忠平 著
文藝春秋 刊 2090円(税込)