携帯オーディオプレイヤーの売れ行きが好調である。筆者もその波に乗ってアップルコンピュータの「iPod(アイポッド)」と専用音楽ソフト「iTunes(アイチューンズ)」を使い始めることになった。使い勝手は好調そのものだが、1つ大きな問題が起きた。接続するパソコンへの負荷が重いのだ。その結果、「新しいパソコンが欲しい」という気持ちが高まっている。パソコンの性能が上がり、数年前の機種でも使い勝手に問題がないと考えていたが、iPodがその考えを覆してしまったのである。この経験から断言できる。「携帯オーディオプレイヤーは、間違いなく新しいパソコン需要を喚起する」。(三浦優子●取材/文)