ソニーの幹部が「HD World」という言葉を頻繁に使い始めた。日本では、「ハイビジョンワールド」という言葉に置き換えて話すこともあるが、どちらも同じ意味を持った今後のソニーのデジタル家電戦略の方向性を示す重要なキーワードである。いわば、ハイビジョンによって作り出される新たな映像文化をソニーのデジタル家電戦略の中核にしようという取り組みだ。そして、ソニーは、HD Worldの実現に向けて、今年夏以降いくつかの製品をコンシューマ市場に向けて投入し始めた。ソニーはHD Worldで何を目指そうとしているのだろうか。(大河原克行(フリージャーナリスト)●取材/文)