東芝情報機器(TIE、小川暢久社長)は、プリンタの開発・製造を手がける東芝テックが10月1日付で設立する新会社「東芝テックビジネスソリューション(TTBS)」に、パートナープログラム「TIE会」の機能を移管することを明らかにした。TIE会員企業226社のうち、複合プリンタ(MFP)の販売を主体とする8割程度のディーラーが新会社のパートナーとなり、約2割がTIEのパートナーとして残る。これを受けTIEでは、年内をめどに新しいパートナー制度の創設を検討していく。