ウィルコム(八剱洋一郎社長)、シャープ(町田勝彦社長)、マイクロソフト(ダレン・ヒューストン社長)の3社は、新世代のモバイルコミュニケーション端末「W-ZERO3」を12月上旬に発売する。PHSによる音声通話に加え、ウィンドウズOS搭載によるエクセルやワードなどのデータ編集、パワーポイントやPDFのデータ閲覧、パソコン用ホームページのブラウジングなど、多彩な機能を装備。「携帯の機動性」と「パソコンとの親和性」を兼ね備えた“第3のコミュニケーションツール”として拡販を図っていく。(佐相彰彦●取材/文)