その他

ITベンダー 「見える化」サイト開設 札幌市が8月に 

2007/02/26 21:10

週刊BCN 2007年02月26日vol.1176掲載

 札幌市は、市内ITベンダーの受託ソフトウェア開発実績やIT技術者などの情報を登録し、全国に情報発信するウェブサイト「企業情報提供センター」を開設する。8月に本格稼働させ、全国からの案件獲得を始める。開設当初は「元請け」の実績がある50社を登録。2009年3月までには、ITベンダーに加え、個人登録を増やし、250社750人の登録を目指す。同センターは自治体主導によるITベンダー支援事業として全国初の取り組みだ。市内ITベンダーの従業員数は、食料品製造業に次ぐ規模で重要産業となっている。受注力を強化してITベンダーを成長させ、IT産業の「地場産業」化を定着させる。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1

関連記事

札幌市 SaaSで地場ベンダー再興 受託ソフト開発、脱却へ