コンピュータソフトウェア協会(CSAJ、和田成史会長=オービックビジネスコンサルタント社長)は、ユーザー企業の利用拡大が見込まれるSaaS(Software as a Service)/ASP型ビジネスの基盤確立などを目的とした「SaaS研究会」を4月中に設立する。導入効果やサービス紹介などの情報交換をするポータルサイトを6月に立ち上げるほか、将来的にはデータセンターを設置して「検証環境」を整備することなどを検討している。会員の国産ソフトベンダーやサービス型のソフト提供を行うベンダーによる「水平連携型」ビジネスモデルの確立を目指す。国内最大のソフトベンダー団体がSaaS/ASP型を志向することで、国内ソフトの流通が大きく変革しそうだ。