その他

マイクロソフト ERP特化の契約制度を開始 6月発売の「Dynamics AX」で

2007/04/23 21:10

週刊BCN 2007年04月23日vol.1184掲載

 マイクロソフト(ダレン・ヒューストン社長)は、6月に日本市場へ初投入するERP(統合基幹業務システム)「Microsoft Dynamics(ダイナミクス)AX」日本語版のパートナー施策を明らかにした。他の同社製品と異なるAX特化の取引契約制度に基づきパートナーを募集する。取引契約するには、同社指定のトレーニングを受けて試験に合格した有資格者を在籍させることが条件。これまで、他社ERPの導入実績があったり、手組み(スクラッチ)でソフト開発するSIer、自社製品を組み合わせてソリューション提供できるISV(独立系ソフトウェアベンダー)などを開拓する。同社の参入により中堅ERP市場の競争は激化しそうだ。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1

関連記事

マイクロソフト Dynamics 第一弾CRMは戦略商品と強調 大塚商会やOBCなど50社と協業

おすすめ記事