日本IBM(大歳卓麻社長)は、SMB(中堅・中小企業)市場で新規案件を拡大するため、新たなパートナー制度を開始した。システム統合やミドルウェアとISV製品をセットにしたソリューション販売など、注力分野に取り組むビジネスパートナー(BP)とチャネル開拓を促進する「1次店」に対して、マーケティング費用や「新規2次店」開拓費などを出資する。4月中旬に出荷開始したミッドレンジ向け新型サーバーなどの販売を加速させ、国内シェア1位の堅持する。BPに対する支援金やインセンティブを手厚くすることで、かねてから“最後の砦”としてきた国内SMB攻略を狙う。(谷畑良胤(本紙副編集長)●取材/文)