その他

普及進まぬ「IPv6」 IPv4アドレス枯渇とは裏腹な実情

2007/09/24 14:53

週刊BCN 2007年09月24日vol.1204掲載

 以前から騒がれているIPv6。普及具合は現段階でどの程度なのだろうか。関連団体の調べによると、普及率は1%にも達していない状況ということが明らかになった。IPv4アドレスが枯渇するといわれているにもかかわらずだ。関連団体はv4の枯渇状況の提示とv6を促すための活動に積極的な姿勢をみせる。一方、SIerやNIerなどベンダーにとってはv4からv6に変換可能なトランスレータの発売や、v6対応機器へのリプレース提案など、こうした状況が大きなビジネスチャンスに変貌する可能性が高い。(佐相彰彦●取材/文)

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1

おすすめ記事