次期サーバーOS「Windows Server 2008」の製品候補版(日本語版)である「Release Candidate(RC)」が9月26日、ダウンロードで入手できるようになった。同OSでは、「管理性」「堅牢性」「柔軟性」を向上させたという。前回は、「堅牢性」という部分で「ネットワークアクセス保護(NAP)」を紹介した。この新機能以上に、ITベンダーが注視しているのが、「柔軟性」を向上できる「仮想化」である。